2010/11/24

リトルプレスから

いま思い返すと、Witchenkare Vol.1を発行しようと決め、実際に動き出しても、自分がいったいなにをつくっているのかよくわからない時期が長く続いていた。極端な言いかたをすると、じつはVol.1が世の中に流通してしばらく経ってもまだ、自分のなかで「これは○○である」という、しっくりする言葉を見つけられずにいた。...もちろん、これはあくまでも「私にとって」ということです。

世間的な分類では、ウィッチンケア Vol.1は紛うかたなき「ミニコミ誌」「同人誌」「インディペンデント誌」でしょう...このブログでは当初から「リトルプレス」という言葉を使っていました。対外的にはまったくもって「少部数印刷物なのだから、これでいいのだ!」と思い、そう決めた。でも自分のなかでは、どうにも「びしっと言い表してない」「かたちに逃げた」みたいな、もやもやした気持ちを抱えていました。

Vol.2をつくるにあたり、この「個人的な問題」だけは解決しようと、夏の終わり頃までいろいろ考えました。それで、やっと見つけた言葉はとてもシンプルでした。「文(を)芸(とする人が)創作(したものの)誌」で文芸創作誌。文芸cf.文藝(cf.文學、文壇、文豪?)...。私は最近視力が低下しているので、すっきり風通しのよさそうな「芸」という文字を選びます。

Witchenkare Vol.2には、前回(6人)より多くのかたが寄稿してくださる予定です。来週以降、個々の寄稿者とより具体的な打ち合わせを進め、来春の発行に備えたいと考えています。

みなさんどうぞよろしくお願い致します。

2010/11/04

Witchenkare Vol.2、始動

天候不順の2011年も、もう、あと2ヶ月となりました。早いなぁ〜。年齢の分母が増えたから、っていう理由だけではどうにも納得がいかない、加速するばかりの1年間です。

昨年のいまごろは...まさか自分がWitchenkareのブログを持っているなんて、思いもしませんでした。ウィッチンケアそのものの発想がなかった...いや、そろそろ「なにか始めてみようかな」くらいは、漠然と思い始めていたかな。

ここ1ヶ月半のあいだ、多くの方々とお会いしました。夏の終わりまでいろいろ考えた結果、いまの自分にできる最良のことは、さらにヴァージョンアップしたWitchenkare Vol.2を2011年4月までにつくることだ、と思い至りまして。...忙しいなか、貴重な時間を割いてくださって、ほんとうにありがとうございました。

まずは、これから師走の声を聞くあたりまでの期間、Vol.2についてのより具体的なことを、みなさまにお伝えしても大丈夫になるよう、動けるだけ動いてみます。...なんだかこんな表現しかできないのが自分でもまどろっこしいのですが、しかし現段階では「個々の話し合い」が最重要事項、ということで、すいません。

来春刊行予定のWitchenkare Vol.2、どうぞご期待ください。そして現在発売中のVol.1を、ぜひ次号が出る前に入手してください〜。

Vol.9 Coming! 20180401

自分の写真
yoichijerryは当ブログ主宰者(個人)がなにかおもしろそうなことをやってみるときの屋号みたいなものです。 http://www.facebook.com/Witchenkare