2012/05/12

vol.3寄稿者紹介04(かとうちあきさん)

ウィッチンケアvol.2寄稿者・野上郁哉さんと最後に会ったのは昨年4月、代々木公園での花見。寒くて風の強い夜でしたが、その宴には愛用の寝袋に半分くるまった「野宿野郎」編集長・かとうちあきさんもいて、私は電車のあるうちに退散しましたが...きっと野宿したんだろうな。タフだなぁ。若さと生命力の強さが、羨ましい(遠い目)。

第3号をつくるにあたり、「みんな元気だよ」という報告も兼ねて、かとうさんに寄稿依頼しようと思いました。「野宿入門」「野宿もん」という著書のあるかとうさんですが、できれば小誌では別のテーマで、と。キッチンウェアな本なら、では台所まわりについてでも、という感じで打ち合わせがまとまり、原稿が届くのを待っていました。「プランターでハーブ育ててま〜す♡」とか「雑穀米のオリジナルレシピ紹介♪」とか、そうゆうのがくると想像したオレが甘かった! かとうさんはインドアでも、やはりかとうさん。

掲載作品「台所まわりのこと」は頻出する生物名の反復効果がファンキーな、魔界的エッセイ。「虫愛づる姫君」やナウシカを連想したら、筆者の術中にまんまとはまってる!? 語り口は独自のスタイリッシュさで貫かれていて、なにより、こんな生活(失礼!)の描写なのに、女の子らしさが爆発しているのは、何故、ゆゑ...。とにかく、お願いですからこの夏はカレー鍋を早めに洗ってくださいね、かとうちあきさん!


 やはり食料を狙ってか、一番多く現れるのは台所まわりみたいだ。そのうちなぜだか、必ずコンロのまわりで糞をするようになってしまった。不衛生だし、って、家にネズミがいること自体もう不衛生っぽいんだけれど、台所まわりではとくに不衛生な気がするから、できればやめてほしい。糞はコンロの上ではなく、トイレか外でしてきてほしい。
 ってな願いもむなしく、「ネズミによるコンロまわりのトイレ化」は粛々とつづく。
 掃除も面倒になり、見なかったことにしてコンロを使っていると、火口のそばにある糞は炎にやられてしまう。やられた糞は一瞬、ぼおっと小さな炎を出現させ、すぐに炭化するのだった。儚く消えるその姿はまるで線香花火のようで、わたしをうっとりさせる。
 糞よ。儚い糞よ。炭化してほろほろと崩れられると、掃除がさらに面倒だ。


Witchenkare vol.3「台所まわりのこと」(P030〜P035)より引用/写真:徳吉久
http://yoichijerry.tumblr.com/post/22651920579/witchenkare-vol-3-20120508


Vol.8 Coming! 20170401

自分の写真
yoichijerryは当ブログ主宰者(個人)がなにかおもしろそうなことをやってみるときの屋号みたいなものです。 http://www.facebook.com/Witchenkare