2015/05/15

vol.6寄稿者&作品紹介21 諸星久美さん

諸星久美さんの著書「Snow dome」(スノードーム)を、私は昨年の秋に読みました。8月末に荻窪・6次元さんで<「ウィッチンケア」半開き編集会議>を開いたのですが、その時にご縁ができまして。同作はpresent 1〜3の三部構成。クリスマスの「コーヒーショップ バード」で起こるちょっと不思議なできごとが重層的に語られ、独自の世界を生み出しています。主人公(そして狂言回しでもある)はリカルド・ポール・オルドリッチ・リン・ノヴィツキー=通称リッキーという...おっと、リッキーが何者なのかは、ぜひ本編でお確かめください。

とてもおもしろい作品なのですが、present 3に登場する前川春代さん(五十四歳)は、個人的になかなか感慨深い存在。前川さんはたいへんご苦労されているのですが、読んだ当時の私と同い年なので、いろいろ思うところが...。なんだか「ノルウェイの森」の石田玲子さんの目のシワが強調されていたような印象!? でも、誰が誰をどう見て(見立てて)どう描くか、という意味でも楽しい体験でした。いまの私は小学校2年生と5年生を書き分けられないだろうな。86歳と91歳も無理なような気がする...。

今号掲載作「アンバランス」の主人公・葵さんを、私は「自分勝手だなぁ」と思いました。自分勝手であることの是非はともかく、客観的に眺めると羨ましいくらい奔放で、そこから発生する喜びや哀しみがリアルだな、と。<「私はきっと、この人といる自分を好きになるだろう」>...そうか〜! ってことは、「この人といる自分は好きになれない」場合、でも相手が自分に好意的だったり、なんらかのメリットのある人だったらどうするんだろう? きっと自分から距離を詰めたりはしないだろうけど、でも無碍な扱いもせず...なんていろいろ想像。とにかく葵さんは八方美人系の美人だから、いろいろ抱え込むことになるんだろうな〜。

葵さんが若い<雄吾のワンルームマンションから並んで>桜並木を見下ろすシーン、での会話はひりひりします。葵さんとしては自身の倫理の「最後の一線」を必死に守っているのでしょうが、そもそも、いる場所が...。満開の夜桜が好き、と言った葵さんに雄吾が<「いつか、葵さんと見てみたいな」>と心情を吐露する(つまり、夜桜は一緒に見られない関係)のに、そんな...。でもこんな瞬間だから、葵さんは<「生きている」という実感>を持てたのだろうな、と私は降参しました。


 雄吾との出会いは夏の終わりだった。
 すっと伸びた背筋に好感を持ったことも、幼さの残る顔と、艶のある低い声とのギャップに、胸が淡く疼いたことも覚えている。
 けれど何より、雄吾の隣りに並んだ瞬間に抱いた、「私はきっと、この人といる自分を好きになるだろう」という強い予感に引っぱられるようにして関係は深くなり、あっという間に、雄吾と私という個人は、「私たち」という二人の時間を重ねるようになった。

 その予感は、当たりもしたが、大きく外れもした。
 会いたくて切なく走る心は、いつも、雄吾に触れたとたん安堵のため息に変わり、愛しさの波に急かされるようにして抱き合う時間は、手を伸ばして摑み取るオーガズムの濃度に比例するように私を喜びで潤した。
 心の充足が自愛へと繫がることを、私は雄吾と紡ぐ時間の中で知ったのだ。


ウィッチンケア第6号「アンバランス」(P126〜P131)より引用
http://yoichijerry.tumblr.com/post/115274087373/6-2015-4-1

Vol.9 Coming! 20180401

自分の写真
yoichijerryは当ブログ主宰者(個人)がなにかおもしろそうなことをやってみるときの屋号みたいなものです。 http://www.facebook.com/Witchenkare